フロアコーティングは用途に併せて選びましょう

最近はフロアコーティングが非常に人気です。


簡単に汚れが落ちる上、長期間光沢や素材の良さが長持ちし日頃の掃除が非常に楽になるため、多くの住宅で行われているものです。



特に小さな子供がいる家庭では食べ物や飲み物を床にこぼしてしまうことも多いため、簡単に掃除が出来ると非常に多くの住宅で使用されています。しかしフロアコーティングには様々な種類があり、その性質を理解し床材の相性により選ぶことが重要です。

誤った種類を選んでしまうと床材の良さを損ねてしまうばかりでなく床材を傷めてしまうことになるので注意が必要です。特に最近話題のガラスコーティングやUVコーティングは表面に非常に強固な皮膜をつくるためその効果が長持ちすると言われており、多くの場面で採用されていますが、皮膜が強固なために非常に床が滑りやすくなること、また無垢材などの場合には床材に溶剤が入り込み、割れなどが起きやすくなる危険があります。



さらに、光沢がありすぎるために無垢材の自然な風合いを損なってしまう恐れがあります。

また、UVコーティングは皮膜をつくるために紫外線を照射するため、床材が日焼けしやすい素材の場合にはコーティングの際の紫外線で変色してしまい、そのままコーティングが行われてしまう危険があります。その為仕上りが汚くなってしまう恐れがあるので注意が必要です。



フロアコーティングを行う場合にはその特徴を良く理解し、床材との相性を考慮することが大切です。
その為、フロアコーティングを行う際には信頼出来る業者に依頼することが重要です。